ロードバイク用シューズ Helix スタンダードフィット Durolite - White/Black [ユニセックス] HLXCWB

SALE
カートを見る

パフォーマンスに富んだ、新しいスタンダード・サイクリングシューズの新登場。Bontが誇るレース実績および解剖学的知見をフルに活かし、新しくも更なる進化を遂げたクロージャーシステムを搭載しています。今までに体感した事のないパフォーマンスの高さと快適性が、惜しみなく詰め込まれた1足です。

Durolite製アッパー

Helix剛性対重量比はBontサイクリングシューズの設計で常に重要な役割を果たしており、製品に使用される原材料は厳密な基準を満たすもののみを厳選してきました。素晴らしい耐久性と軽量性を備えるDuroliteをアッパーとライナーに採用。

リテンションシステム

Helixダイアルから足底、そしてフロントにかけてワイヤーが張り巡らされており、まんべんなく足全体を締め上げてしっかりと固定。ワンダイアルで包み込むようなフィット感を生み出します。

ケーブルルーティング

Helix靴底とカーボンシャシーを包むようにケーブルが巡回している構造。

シングルボアダイアル

Helixボアダイアルを1つにする事で、より素早く簡単にフィットの調整を行えるようシンプルなシステムを採用。

ユニダイレクショナルカーボンシャシー

HelixHelixはユニダイレクショナル・モノコークシャシーでマットな仕上がり。クリート調整の目安となるグリッドはアップグレートされ、アジャストメントもしやすくなりました。

トゥプロテクター

Helixシューズのフロント部を車輪との接触から保護するだけでなく、通気孔を取り入れることでエアフローの向上にも役立ちます。

通気性能

Helixフロントバンパーから前足部上部の空気孔へ向けて均一なエアフローを生み出すことで通気性を高め、熱がこもらないよう設計されています。

パッド

Helixクローズドセルのメモリーフォームを使用。雨天でも水を吸収せず軽量性を維持し、耐久性を低下させる汗の吸収も妨げます。

ラスト設計

Last Designサイクリングシューズのラスト設計にはバイオメカニクスの専門知識、そして絶え間ない研究を要します。BONT はラスト設計を重要視し、他のサイクリングシューズメーカーよりラスト設計に力を注いでいます。1975年よりパフォーマンスシューズのラスト設計を手がけており、その鋭意努力は現在も継続しています。市場をリードし、他社ブランドより機能に優れ、解剖学的にも適したサポート構造をサイクリストの皆様に提供し続けているのはこれが理由です。

ラスト・・・シューズ製作の基となる足の模型。ラストメーカーが製作するものはシューズ全般用で、サイクリングシューズに特化しているわけではありません。BONT では「歩くためではなく自転車に乗るためシューズ作り」というシンプルなモットーを掲げて、サイクリングシューズ製作に取り組んでいます。

前足部の形状に解剖学的設計を採用

Anatomical-Forefoot-Shape解剖学的見地から足が正しく効率的に機能する形状を採用。中足骨の関節を広げ、ペダリングのパワーがかかる表面積を増大します。従来品は中央部がとがったドレスシューズタイプの形状をしており、見た目はよくても足の効率性を低下させます。指骨と中足骨が締めつけられて中足骨間の神経に圧力がかるため痛みが生じることもあります。

解剖学に基づくヒールカップ設計

Anatomical Heel Cup解剖学的設計のヒールカップを搭載しているためペダリングの引き足が安定。ストラップや靴ひもをきつく絞める必要がないので、血液循環を妨げず履き心地も快適。

前足部横方向のサポート

Lateral Forefoot Support前足部に横方向のサポート機能を搭載しているので、無理なく足をニュートラルなポジションに保ち、オーバー(アンダー)プロネーションに起因する故障を軽減します。

オーバー(アンダー)プロネーション・・・ペダリング時に、脛骨や大腿骨が回内(回外)すること。膝の軌道に乱れが生じる原因のひとつで、膝蓋腱炎などの膝の故障にもつながります。骨盤の傾斜がひどくなると、後背部の痛みや腰痛を引き起こすこともあります。