熱成型 - Heat Molding

熱成型 - HEAT MOLDING

業界で最も進んだ熱成型を実現しました。当社独自に開発し、35年以上の歳月を費やして完成させたBontの樹脂は、極めて剛性の高い樹脂で比較的低温度で柔らかくなります。シューズのベースが成型できるということは、シューズの固いパーツすべて成型できるということです。ご購入いただいた時点でそのまま足にぴったりフィットする場合は成型の必要はありません。

熱成型には、正確な温度管理と技術が必要です。熱成型は何度でも行うことができますが、失敗した場合の製品保障はいたしかねますので、信頼できるショップでの成型を強く推奨いたします。

熱成型の手順

  1. オーブンを70℃に設定に温めておきます。
  2. クリート、シューレース、クリートを固定するスクリュー、インソールを取り外してください。インソールは熱により変形してしまうことがあります。
  3. オーブンの温度が70℃に達していることを確認し、シューズをオーブンに20分入れてください。温度が高すぎる場合には、シューズが損傷することがあります。
  4. 少し冷ましてから、手で温度を確認し、足を入れてください。ストラップをきっちり締め、そのまま冷却します。(注意 熱いシューズにすぐ足を入れないでください。やけどをするおそれがあります。 )マメや瘤がある方、または窮屈に感じる部分がある場合は、シューズが熱い間にスクリュードライバーの持ち手の丸底部分などで、気になる箇所を押し広げてください。